アフィリエイト実践の流れ

2017年5月10日

Computer
FirmBee / Pixabay

今日は私がやっているアフィリエイトでやっている一連の流れを抜粋して書いてみようかと思います。
大したことはやっていないのですが、参考になればと思って書いてみますね。

●プログラム選定

プログラム選定には下記のASPさんを主に利用させてもらっています。
 楽天総合ランキング 
 ヤフーショッピング人気売れ筋商品ランキング 
 A8ランキングやお勧め 
 電脳卸のランキング 

ここで、気になる商品をピックアップしておきます。

●キーワードの抽出

 次に商品のLP(ランディングページ)を見てキーワードを抜き出します。
 ここではとにかく商品やサービスに関して、キーワードを書けるだけ書いておくことをおすすめします。使わなくて無駄になったと思っても、もう一記事追加する時に役だったりすることもあるので。

●キーワード競合チェック

 キーワードの検索ボリュームがどれくらいあるか調べ、需要があるか確認します。また、ビックキーワード(FX、キャッシング、育毛などのワード)で狙うのではないので、複数のキーワードの組み合わせで需要を調べます。
 調べるサイトは、以下の様なものを使っています。
  ・Goodkeyword 
  ・関連キーワード取得ツール(仮) 
  ・Googlelトレンド 
   ここで検索ボリュームがどのくらいか確認します。
  ・aramakijake.jp 
   ここで検索ボリュームがどのくらいか確認します。

●ライバルサイトチェック

 次に、競合するサイトがどれだけ強いサイトなのか確認していきます。
 ①Googleで、自分が検索したいキーワードを入れて検索する
 ②検索結果の上位にランクするサイトのURL情報を hanasakigani.jp でチェック 
  ここで、何件くらいから被リンクを貰っているのか、つまり強いサイトなのかを調べます。

●ブログ作成

 実際に記事を書いていくのですが、私は以下の3つのサイトをおすすめします。
 ・seesaa 本当に手軽にサイトを作ることが出来ます。 
 ・忍者ブログ ブログだけでなくアクセス解析やホームページスペースまで用意している便利屋さん 
 ・FC2がお勧め ちょっとアダルトなものも紹介できる 

●クローラーに登録

 ただブログを書いただけだと何の意味もないですよね。サーチエンジンに自分の作ったサイトをインデックスしてもらわないといけません。
 ですので、GoogleとBingの両方に登録します。
  Google :https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?pli=1
  Bing  :https://www.bing.com/toolbox/submit-site-url

●アクセス解析

 最後にどんなキーワードでどれだけアクセスが来ているか調べましょう。
 i2iアクセス解析
 忍者アナリティクス
 Google Analytics

細かい設定とかは意識的に書いていません。大枠でどのようなサイト作成をすればいいか、どのようなツールを使えばいいかを紹介いたしました。

気が向いたら各種サイトの登録方法や利用方法を記事にしてみたいと思いますので、気長にお待ち下さい。