不安を解消し、やるべきことを見つける手順 ブレインダンプ

ElisaRiva / Pixabay

スポンサーリンク

ブレインダンプとは

ブレインダンプは言葉の通り、頭(ブレイン)のなかにある情報を全て書き出す(ダンプ)ことです。これをやると、不安だと思っていることが明確化して書くだけで解消されたり、不安が大したことのないことに思えたり、今後やるべきことを短期から中長期までの目標を明らかにするようにできたりと色々と頭の整理が出来ます。

人によってやり方は違うのですが、取っ掛かりとして私が行っている具体的な手順を下記に記します。

①:手に入れたい物、やりたいこと、なりたい状況を全て書き出す
②:現在やらなければならないことを全て書き出す
③:現在考えられるアイデアを、実現可能性は考えずに全て書き出す
④:現在抱えている悩み、不安、問題、をすべて書き出す
⑤:悩み、不安、問を解消するアイデアを書き出す
⑥:優先順位を決めてタスクを実行する

上記6つをそれぞれ詳しく説明します。

①手に入れたい物、やりたいこと、なりたい状況を全て書き出す

 どんなことでもいいので、思いついたらどんどん書き出してください。何を書いたら良いのかわからない場合は、テーマを決めて書き出してみてください。良いことも悪いことも、できるかどうかわからないことでも全て書き出してください。50個から100個も書き出せればまずは十分でしょう。そして、もうこれ以上アイデア出ないと思ったら、そこから更に考えてください。まだ出るはずです。これを数回繰り返してみてください。大体1テーマで5分程度を目安としてみてください。また、書いている最中は手を止めないでください。私の場合は紙や付箋に手で書くのではなく、Windowsのメモ帳やマインドマップを使用して書き出しています。

 テーマ例:脱サラしてもっとお金を儲けるためには
      時間が無い状況を脱して趣味と家族に時間を割くためには
      健康な体を取り戻すには
      やるべき事が多すぎてどこから手を付けていいだろう
      etc…

全て書き出したと思ったら、共通点やカテゴリ分けで色々と組み分けてグループ化して、自分の思考の状況を把握してみましょう。

②現在やらなければならないことを全て書き出す

 ①で書き出した内容も含めて、今からやらなければいけないと思う事を、だいたい2週間を目処に書き出してみてください。ゴミ捨て、友人への連絡、恋人と遊びに行く予定、仕事の資料整理、プロジェクトのタスク内容などジャンルは問わないで、プライベートや仕事も含めて書き出してみてください。

③現在考えられるアイデアを、実現可能性は考えずに全て書き出す

 ②で書き出した内容を達成するためのアイデアを書き出してください。こんなことできたら良いな、こんなビジネスアイデアがある、事前準備をこうしたらいいんじゃないか、○○さんに聞いてみようなど、アイデアを出し切ってください。

④現在抱えている悩み、不安、問題、をすべて書き出す

 誰に見せるわけでもないので、気になっていることを全て書き出してみましょう。書いてみると大した悩みじゃなかったり、違う視点で問題を見られれて新たな発見があったり、逆に小さいと思っていた問題が実は大きかったなんていう事があります。

⑤悩み、不安、問を解消するアイデアを書き出す

 ④で書き出した悩み、不安、問題を解決するためのアイデアを書き出してください。

⑥優先順位を決める

 ③と⑤で書き出した現在やらなければならないことと不安を解消するアイデアをまとめて優先順位をつけます。大雑把なアイデアであれば、具体的な行動単位(タスク)までアイデアの中身を分解して落とし込んでください。(例:転職するために転職サイトを見つける、転職サイトに登録する、履歴書を書くetc…)

優先順位は緊急度と重要度のマトリックスを使うと便利です。これはフランクリン・コヴィーの7つの習慣に出てくるマトリックスで、下図のような感じになっています。先程タスクまで落とし込んだので、それぞれのタスクがどの象限に入るかチェックしましょう。

あとは、優先順位に従ってやるべきことを淡々とこなしていけば、不安が軽減し、1つづつタスクを達成できたというい自信がついてきます。近い将来は、重要だが緊急ではない第2象限に多く集まるようにタスク集中させましょう。
まずは緊急度が高い第一象限、次に第三象限を終えて、その後第二象限に注力していくと良いと思います。第四象限に入ってしまったものは、きっぱりとやらないというのが良いと思います。

スポンサーリンク