esrv.exe アプリケーションエラー(0x0000142)が発生したので対応しました

2017年4月7日

OpenClipart-Vectors / Pixabay

 

Windows 10 Creators Updateを導入後に再起動してから、毎回下図の様な、

esrv.exe アプリケーションエラー アプリケーションが正しく起動できませんでした(0x0000142)

というメッセージがかならず出るようになってしまいました。イベントビューアーで、「アプリケーションとサービスログ」→「ESRV_SVC_QUEENCREEK」と辿ってみると確かに再起動するたびにエラーが出ていることがわかりました。そこで、ググって調べた所、これはIntel Driver Update Utilityが原因だという事がわかりました。

情報提供元はこちら → Esrv.exe error 0xc0000142

ここに書いてある通りにIntel Driver Update Utilityをアンインストールしたら、再起動してもエラーが出なくなりました。また、最新版(ver2.7.2)をインストールした所、再起動してもエラーは出ませんでした。

Intel Driver Update Utilityの最新版はこちら → Intel Driver Update Utility

大型アップデートをするたびにドライバ周りのトラブルが発生しますね。Anniversary Updateの時は、私の環境ではSonyのWalkmanが使えなくなるなんて問題が発生してましたから。直ぐにアップデートが入って治りましたけれども。

同じ症状が有る方は、Intel Driver Update Utilityをアンインストール、もしくは最新版にアップデートすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク