FileZillaのインストールと設定(FTPSで安全なやり取り)

2017年4月12日

FileZillaは高機能なファイル転送用ソフトウェアです。独自ドメインを取ったりした時にはちょくちょく使うようになると思いますので、インストール方法と使い方を覚えておいたほうが良いでしょう。

インストール

まず、下記ホームページにアクセスします。
https://ja.osdn.net/projects/filezilla/
下図の「Download FileZilla Client」をクリックしてください。

下図の「Download FileZilla Client」をクリックして最新版をダウンロードしてください。
(今回はFileZilla_3.25.1_win64-setup_bundled2.exeをダウンロードしました)

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールを開始します。
ライセンスには「I Agree」をクリックして進んでください。

オプショナルオファーとして「Ad-Aware」というファイルをインストールするか聞いてくるので、「No,don’t protect me」を選択してください。選択が終わったら「Next」をクリックします。

「Add/Remove/Reinstal compornents」を選択して「Next」をクリック

「Anyone who use this computer(all user)」を選択して「Next」をクリック

Choose componentsはそのままで「Next」をクリック


Choose install Locationもそのままで「Next」をクリック


Choose Start Menu Folderもそのままで「Install」をクリック


インストールが終わったら「Finish]をクリックして完了です。

使い方

 まずFileZillaの見方ですが、下図の①と②の領域がローカルPCのファイルやフォルダを示し、③と④がサーバー上のファイルやフォルダを示しています。①でPC内のフォルダを選択すると、②にフォルダの中身が表示されます。また、③でサーバー側のフォルダを選択すると、④にフォルダの中身が表示されます。

次にここでは、サイトマネージャーを使って転送先を登録する手順を示します。
「ファイル」メニューから「サイトマネージャ」を選択します

サイトマネージャが出てきたら下の「新しいサイト」をクリックします

左側で新規サイトを選択し、右側で、「ホスト」にFTPサーバー名を記入します。Lolipopの場合は、FTPSサーバーを記入してください。

「プロトコル」は「FTPーファイル転送プロトコル」、「暗号化」は「使用可能なら明示的なFTP overTLSを使用」に変更してください。

「ログオンの種類」を「通常」にし、FTP用のユーザ、パスワードの両方を記入します。(ここではユーザー名を「test」、パスワードは適当につけています。)

また、左側の新規サイトの名称を変更するために新規サイトを選択したまま、「名前を変更」をクリックします。名前が変更できるようになったので名前を変更します。ここでは「テストサイト」としました。全て設定が済んだら「OK」ボタンを押して終了です。

  

ファイルメニューの下にあるアイコンの右側にある「▼」をクリックし、先程の「テストサイト」が登録されていれば完了です。

また、正常に接続されていれば下図の様にサーバー側のフォルダ(やファイル)を見ることが出来ます。ファイルの移動もドラッグアンドドロップでできるので、非常に便利です。