Windows10 Creator Updateを手動インストールしてみた

2017年4月7日

Windows
sipa / Pixabay

Windows10の今年の大型アップデートであるWindows10 Creator Updateのダウンロードができるようになりました。前回のAnniversary Updateでは、インストール直後に使えなくなったソフトが有ったり(すぐに次のパッチで解消されましたが)と、ちょっとだけ大変な所がありましたが、今回は問題なくインストールできました。

以下にインストール手順を書きます。私のPCの環境はWindows10 HOME、CPUはCore i3、メモリ4Gbyte、光回線です。

 

まず、手動アップデートにはアップロード用のプログラムが必要ですので、まず下記のサイトにアクセスします。次に、下図の赤枠で囲った部分にある「今すぐアップデート」ボタンをクリックし、プログラムを保存します。プログラム名はWindows10Upgrade9252.exeです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

次に、Windows10Upgrade9252.exeを起動すると下図のよう画面になるので、右下の「今すぐ更新」をクリックします。

Windows10と互換性があるか、CPU、メモリ、ディスク領域のチェックが行われ、自動的にダウンロードが始まります。

更新プログラムを準備していますという画面がでているので、しばらく待ちます。私の環境では5分ほどでダウンロードが終わりました。

ダウンロードが終了すると、次はダウンロードの検証が行われます。これも8分ほどかかります。

ダウンロードの検証が終わると、自動的にwindows10が更新されます。これが40分ぐらいかかります。

 

更新プログラムの準備ができると画面が下図の様になり、30分後に自動的に再起動するようになります。問題がなければ「今すぐ再起動」ボタンを押して再起動してください。

再起動させると自動的に、2度ほど再起動を行いながら、Windows10 Creators Updateが適用されます。これには2時間弱かかりました

アップデートが終了するとブルーの背景に「Windows10へようこそ」書かれた画面がでますので、「次へ」をクリックします

デバイスプライバシー設定の選択という画面になりますので、以下のように変更しました。変更はお好みでどうぞ。

 ・位置情報:オフ
 ・音声認識:オフ
 ・診 断 :基本
 ・診断データを使用してエクスペリエンスをカスタマイズする:オフ
 ・関連性の高い広告:オフ

上記を設定しましたら、「承諾する」をクリックして次へ進みます。

はじめましてCortanaと申しますという画面では、私はCortanaを使用しないので「今は実行しない」を選択しました。

ログイン画面になるのでログインして、「Windows10の最新バージョンに更新していただいてありがとうございます」と出ていたら「完了」を押してアップデートは終了です。

どのような変更があるのかは、下記のサイトでご確認ください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/upcoming-features