PC内のドキュメントをファイルやフォルダ名で検索、もしくは中身(コンテンツ)のキーワードで検索をする その1

2017年4月5日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

日々PCを使ってドキュメントを作成したりPDFファイルを保存したりしていると、いつの間にやら膨大な量のファイルが溜まっていきますよね。しかし、どこに保存したかわからなくなる時はありませんか?PCの中に眠っているファイルを検索したいとき、あなたはどうしているでしょうか。

PCに保存されたファイル名やフォルダ名だったり、ドキュメントに書かれたキーワードで検索できるソフトウェアがありますので、参考にしてください。Windows10、Office2010の環境下で使用しています。

スポンサーリンク

Everything(ファイル名やフォルダ名で検索する)

 起動するとすぐにファイル名やフォルダ名をインデックスします。検索窓に探しているファイル名の一部を入力して検索するとインクリメンタルサーチで、ファイルやフォルダを一覧表示してくれます。インターフェースもシンプルなので使い勝手が良いです。下図は「notepad」を探したいがために「notep」まで入力した時に出てきたサーチ結果です。

ダウンロードはこちらからどうぞ → everything

DesktopHE(ファイルの中身(コンテンツ)のキーワードで検索する)

 ファイルやフォルダ名は忘れてしまったが、文書に書いてある内容の一部を覚えているとか、特定のキーワードを含む文書(PDF、WORD、Excel等)を探したい場合はこちらがお薦めです。検索方法は単語検索、AND検索、OR検索、NOT検索、フレーズ検索、前方一致検索、後方一致検索などが使えますので非常に便利です。作者は既に開発を止めているようですが、Windows10で使えたのでインストール方法を記しておきます。

 インストールするにはまず、ファイル(DesktopHE_1_8_1a.zip)を下記URLからダウンロードし適当な場所で解凍します。
 http://freemind.s57.xrea.com/desktophe/index.html

 解凍したファイルを適当な場所に配置します。私の環境の場合、マイドキュメントの下にProgramfilesというフォルダを作成し、その下に解凍したフォルダ内にあるDesktopHEというフォルダを配置しました。つまり、C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Programfiles\にDesktopHEフォルダを置きました。

 このソフトを使うには、ファイルの内容をインデックスしないといけないので、インデックス用フォルダを作ります。ただし、ディフォルトのindexフォルダはWindows10には存在しないフォルダを参照しているので変更します。今回の場合、DesktopHEフォルダに新たにindexというフォルダを作りました(C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Programfiles\DesktopHE\indexを作成:下図)。

 DesktopHEを起動し、上部メニューの「設定(T)」→「インデックス設定(E)」へ移動します。

 インデックスデータ格納フォルダを変更します。右上にある「変更」ボタンを押し、先ほど作成したindexフォルダを選択します。
また、必要に応じて検索対象フォルダを追加してください。

 上記設定が終わったら、インデックスを開始します。上部メニューより「ファイル」→「インデックス開始(I)」を選びます。

すると、下図のような画面になってインデックスを開始します。はじめは少し時間がかかるので気長に待ちましょう。2回目以降は更新されたファイルだけをインデックスするので最初よりは時間がかかりません。

また、上部メニューの「ファイル」メニューには「削除したファイルの情報の除去(P)」でインデックス後に削除したファイルを検索結果に出さないようにする機能だったり、「キーワード抽出(E)」や「インデックスの最適化(O)」などで検索を高速化する機能もついていますので活用してみてください。

また、このソフトを削除したい場合は、DesktopHEフォルダを削除してください。

~ 追記 ~

windows10 Creators update になってからか、JREが新しくなってライブラリ等が変更になったのか分からなくなったので、現在の時点で動作していません。

他にもデスクトップ検索ソフトがあったので後ほどレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク