Linuxで使えるMindmapとNixnote(Evernote互換)、mozcツールトラブル

Linuxで様々なソフトウェアを使うことができます。ここでは、Mindmap、mozcツール、Nixnote2についてご紹介します。

Linux で使えるMindmap作成ソフト

Linuxで使えるMindmap作成ソフトです。他にもあるかもしれませんが、ソフトウェアライブラリになかったのでテストはしませんでした。下のリストの2番目の項目は、「インストール」がaptでインストールできるもの、「バイナリ」はウェブサイトにアクセスしてダウンロードしてください。

VYM :

インストール:起動し、日本語も使えるが、操作方法が独特。かなり使いづらい。慣れれば良いのだろうが、面倒なので却下

FreeMind : (https://ja.osdn.net/projects/freemind/)

バイナリ:

起動できるが、メニューバーが日本語なだけで、メニュー内は□だらけ。使えない。

XMind :(https://jp.xmind.net/download/)

バイナリ:使える。ただ、画像やアイコン挿入はディフォルトのものだけ。ちょっとさみしい図になる。

Freeplane :

インストール:上記3つ以外で一番使いやすいです。私はこちらを愛用しています。

mozcツールの設定画面等が見えない

パッケージのインストールが不足しているため。下記のコマンドで問題が修正されます。

sudo apt-get install mozc-utils-gui fcitx-config-gtk

参考:https://wiki.debian.org/JapaneseEnvironment/Mozc

Nixnote2(Linux互換)

Evernoteはlinuxでは使えません。というか、開発対象外となっているようです。そこで、wine経由のインストールも試してみました。インストールが完了し起動すると画面の表示は出てきましたが、入力ができませんでした。これでは使い物になりません。そこで、Linux上でNixnote2というEvernoteの互換ソフトがあったので使おうと思います。EvernoteとNixnoteは同期することができます。

ただ、時々不安定な挙動をみせることもあるそうです。どこかのサイトで見かけた覚えがあります。ですので、バックアップは定期的にとっておきましょう。