(Linux)タッチパッド無効化やブルーライト抑制など

LinuxをノートPCに入れたとき、困ったことがあったので調べてみたものを書いていきます。

スポンサーリンク

タッチパッド無効化

ノートPCにUSBマウスをつけて作業をしていますが、キーを打つ時にタッチパッドに触れるとマウスカーソルが動いて邪魔なので、タッチパッドの機能を停止します。

まず、xinput list で接続されている機器のIDを調べます。

[user@comp ~]$ xinput list
⎡ Virtual core pointer id=2 [master pointer (3)]
 ⎜ ↳ Virtual core XTEST pointer id=4 [slave pointer (2)]
 ⎜ ↳ Sony RF Receiver id=12 [slave pointer (2)]
 ⎜ ↳ Sony RF Receiver id=13 [slave pointer (2)]
 ⎜ ↳ SONY IR Receiver id=14 [slave pointer (2)]
 ⎜ ↳ Sony Vaio Jogdial id=8 [slave pointer (2)]
 ⎜ ↳ PS/2+USB Mouse id=11 [slave pointer (2)]
 ⎣ Virtual core keyboard id=3 [master keyboard (2)]
 ↳ Virtual core XTEST keyboard id=5 [slave keyboard (3)]
 ↳ Video Bus id=6 [slave keyboard (3)]
 ↳ Sony Vaio Keys id=7 [slave keyboard (3)]
 ↳ Power Button id=9 [slave keyboard (3)]
 ↳ Chicony PFU-65 USB Keyboard id=10 [slave keyboard (3)]
 ↳ Sony RF Receiver id=15 [slave keyboard (3)]
 ↳ SONY IR Receiver

機能を停止する

$ xinput disable <id>

機能を起動する

$ xinput enable <id>

とIDごとに繰り返し、タッチパッドが停止したIDを調べる。

Vaioのものは id=13だった。つまり、

$ xinput disable 13

とすればタッチパッドが無効になる。

$ xinput enable 13

でもとに戻る。

恒久的に設定したいなら、XFCEをデスクトップ環境で使っている場合、「ウィスキーメニュー」 → 「設定」 → 「セッションと起動」と移動し、「自動開始アプリケーション」に登録してください。

外付けのHDDがReadonlyになった場合の対応

何が原因かわかりませんでしたが、外付けのHDDがReadonlyになってしまいました。dmesgコマンドの出力を見ると、chkdskをしろと書かれていたので、下記のようにしました。

$ sudo fsck /dev/sdb1

Xfceのフォルダ移動で画面がチカチカする

フォルダを移動するだけで画面がチカチカと、揺れるというんでしょうか、とにかく見づらくなってしまいました。この場合、Xfceの設定を変えれば良いとわかりました。ウイスキーメニューから「設定」→「ウインドウマネージャー(詳細)」を選びます。アクセシビリティタブの、

「ウインドウが画面端に移動された時自動的にタイル表示する」

のチェックを外したら見やすくなりました。

KensingtonのExpert Mouseの設定

KensingtonのExpert Mouseを使っています。マウス上部左のボタンを「戻る」に、マウス上部左ボタンを「進む」に、下部左ボタン左ボタン、下部右ボタンを右ボタンに設定しました。設定ファイルの場所は下記の通りです。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-evdev.conf

下記を追加します。

Section "InputClass"
 Identifier "Mouse0"
 MatchIsPointer "on"
 MatchProduct "Kensington Expert Mouse"
 Option "ButtonMapping" "1 8 3 4 5 6 7 9 2"
 Option "Emulate3Buttons" "true"
 Option "EmulateWheel" "true"
 Option "EmulateWheelButton" "8"
 Option "EmulateWheelInertia" "20"
 Option "XAxisMapping" "6 7"
 Option "YAxisMapping" "4 5"
 EndSection

(参照:https://wiki.archlinux.jp/index.php/Logitech_Marble_Mouse

ブルーライト抑制

 まず、自分のいる場所の経度(longitude)と緯度(latitude)を調べてください。Google Earthや国土地理院発表の経緯度表でも使えば簡単に知ることができます。ちなみに、東京都庁は経度=139°41′30″、緯度=35°41′22″になります。

f.lux-gui

Linux Mint18.3では機能していましたが、MX Linuxだと機能しませんでした。現在Linux Mintを入れているPCが無いため、設定については省きます。まあ、経緯度を設定する以外、やることはないと思います。

redshift

f.luxにインスパイアされて作成されたものだそうです。redshiftは設定のredshift.confを読みますが、自動で作成されないので作ります。下記設定は東京都庁の経緯度を使っていますので、最後の方にあるlat=(緯度), lon=(経度)を書き換えてください。

$ vi ~/.config/redshift.conf
; Global settings for redshift
 [redshift]
 ; Set the day and night screen temperatures (Neutral is 6500K)
 temp-day=5700
 temp-night=3500
 ; Enable/Disable a smooth transition between day and night
 ; 0 will cause a direct change from day to night screen temperature.
 ; 1 will gradually increase or decrease the screen temperature.
 transition=1
 ; Set the screen brightness. Default is 1.0.
 ;brightness=0.9
 ; It is also possible to use different settings for day and night
 ; since version 1.8.
 ;brightness-day=0.7
 ;brightness-night=0.4
 ; Set the screen gamma (for all colors, or each color channel
 ; individually)
 gamma=0.8
 ;gamma=0.8:0.7:0.8
 ; This can also be set individually for day and night since
 ; version 1.10.
 ;gamma-day=0.8:0.7:0.8
 ;gamma-night=0.6
 ; Set the location-provider: 'geoclue2' or 'manual'
 ; type 'redshift -l list' to see possible values.
 ; The location provider settings are in a different section.
 location-provider=manual
 ; Set the adjustment-method: 'randr', 'vidmode'
 ; type 'redshift -m list' to see all possible values.
 ; 'randr' is the preferred method, 'vidmode' is an older API.
 ; but works in some cases when 'randr' does not.
 ; The adjustment method settings are in a different section.
 adjustment-method=randr
 ; Configuration of the location-provider:
 ; type 'redshift -l PROVIDER:help' to see the settings.
 ; ex: 'redshift -l manual:help'
 ; Keep in mind that longitudes west of Greenwich (e.g. the Americas)
 ; are negative numbers.
 [manual]
 lat=35.4
 lon=139.4
 ; Configuration of the adjustment-method
 ; type 'redshift -m METHOD:help' to see the settings.
 ; ex: 'redshift -m randr:help'
 ; In this example, randr is configured to adjust screen 1.
 ; Note that the numbering starts from 0, so this is actually the
 ; second screen. If this option is not specified, Redshift will try
 ; to adjust _all_ screens.
 [randr]
 screen=0

 

スポンサーリンク