前向きに仕事を頑張るために必要な思考や行動

2017年6月28日

 

geralt / Pixabay

人によってそれぞれだと思いますが、ネガティブな感情に触れたり支配されたりすると、モチベーションが低下して、更に落ち込んでしまう人がいると思います。かつての私がそうで、鬱に何度もなったのはそのせいでした。最近は薬などを飲んで体調を整えています。そんなときにちょっと知った知識を共有したいと思います。人には活動によい時間帯、過去への執着の外し方の考え方がありますのでご紹介します。

  目次

  1. 朝活動する
  2. 過去に固執しない
  3. 現在を精一杯生きましょう

スポンサーリンク

朝活動する

朝の1時間の活動価値は、昼の2時間分、夕方の3時間分ぐらい効果があると言われています。帰ったらすぐ翌日の計画を立てて寝て、早朝に起きたらさっさと重要な案件から処理すると良いと思います。私は11時頃に寝て6時前に起きています。もっと早くから寝て、もっと早く起きてもいいかなと思っています。また、Input(学習)が1割、Output(ブログを書く、メルマガを書くなど)が9割で一日の作業をすると良いと言われています。人によっては朝の重要な仕事を終えてからメールチェックをする方がいいという人と、先にメールチェックをした方が良いという方がいらっしゃいます。アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏は毎朝先にメールチェックをするそうです。働き方にもよるかもしれませんね。

過去に固執しない

これまで私も色々と失敗してきました。時々思い返すことがあります。でも今は、思い出しても、良かったことや悪かったことも含めていい思い出だと考えることで済ましています。思い返しに夢中になると「あの時○○しておけばよかった」「○○にあんなこと言わなきゃよかった」などと思考のネガティブな面が大きく肥大していきます。人はいい思い出より悪い思い出の方が思い出しやすいので、嫌な過去を思い出して「失敗した」などと思わないでください。その過去は既に決定されていて消すことはできないのですから。ただ、過去の失敗は、現在やこれからの未来への教訓として学んだんだと思えばいいだけなのですから。

現在を精一杯生きましょう

時間は有限なので、今の時間を存分に使うと良いと思います。アフィリエイト等で稼ぎたいのであれば、無意味な時間や何もしないで過ごす時間を極力減らす努力をしてみましょう。
スマホやPCに入っているゲーム、いりますか?やっていたらお金になります?プロゲーマーになりたいなら必要でしょうが、そうではない場合、きっぱりと止めてしまっていいともいます。
将来が不安で行動できませんか?不安ならばまず行動しましょう。人の不安は知識不足から来ているのが大半だと思います。なりたい自分になりたいですか?なら理想の自分を想像してみてください。そして、根拠のない自信を持って理想像に近づくためのステップをこなしていってください。

スポンサーリンク