Video Speed Controller : 動画サイトの動画を0.1倍速刻みで再生するGoogle Chrome拡張機能

2017年6月26日

septimo77 / Pixabay

 

時間は有限です。動画サイト、例えばYoutubeやdailymotionなどで動画再生をする場合は速度を速めて再生したいものがあると思います。何かの動画教材だったりすると尚更ですよね。

そんなときに便利なのがVideo Speed Controllerです。標準でも、Youtubeやdailymotionでは0.25、0.5、0.75、1.00、1.25、1.5、2.0などと倍速再生できますが、1.8倍速だったり2.5倍速だったりはできません。

話し方の差によって1.25倍速程度で良かったり、2.5倍速でちょうどよかったりするので気軽に速度変更が出来れば良いですよね。

そこで登場するのがGoogle chromeの機能拡張であるVideo Speed Controllerです。これにより、0.1倍速毎に速度の上下変更ができます。

注 : このプラグインが機能するのはHTML5 videoであることが条件であり、Youtube、Dailymotionでは速度変更が対応しておりました。しかし、Veoh、FC2動画では対応していませんでした。他にも動画サイトは色々ありますので、色々とお使いのものを試してみてください。

スポンサーリンク

インストール

 Google Chrome画面の右上にある、「︙」をクリックして「その他ツール」→「機能拡張」をクリックしてください。

表示された画面下にある、「他の機能拡張を見る」をクリックしてください。

Chromeの右上にある「ストアを検索」という検索窓に「Video Speed Controller」と入力してエンターキーを押すと、検索が始まります。下図の「Video Speed Controller」を探してください。「Chromeに追加」ボタンをクリックしてください。

下図のような「追加しますか?」のダイアログが出てきますので、「拡張機能を追加」をクリックします。
f

以上でインストールは終了です。

使用方法

ショートカットキーで操作

動画サイト(例:Youtube)で動画再生準備をすると、動画左上に「1.00」という表示が出てきます。これをコントローラーと呼びます。下のショートカットキーを押すと再生速度が変わったりします。現在何倍速かは動画の左上のコントローラーで表示されます。


Z : 10秒戻す
X : 10秒進める
R : スピードをリセット
S : 再生スピードを上げる
D : 再生スピードを下げる
G : 推奨スピード
V : コントローラーを表示する/隠す

マウスで操作

動画サイト(例:Youtube)で動画再生を行い、動画左上の「1.00」の辺りにマウスカーソルを持っていくと、下図のようなコントローラーが出てきます。

コントローラーには「<<」「+」「-」「>>」「☓」という設定が出てきます。「<<」「>>」はそれぞれ10秒前に戻る、10秒後に進むです。「+」「-」が再生速度の上下になります。Xボタンを押すと動画上から何倍速で再生しているかのコントローラー表示が消されます。

スポンサーリンク