FireShot : ウェブページ全体のスクリーンショットを撮るGoogle拡張機能

2017年6月25日

UpstartByEAD / Pixabay

 

以前 Google Chromeのお勧めプラグインでAwesome Screenshotをご紹介していましたが、今回は更にお勧めのFireshotをご紹介します。

インストール

 Google Chrome画面の右上にある、「︙」をクリックして「その他ツール」→「機能拡張」をクリックしてください。

画面下にある、「他の機能拡張を見る」をクリックしてください。

Chromeの右上にある「ストアを検索」という検索窓に「Fireshot」と入力してエンターキーを押すと、検索が始まります。下図の「Fireshot」を探してください。「Chromeに追加」ボタンをクリックしてください。

下図のような「追加しますか?」のダイアログが出てきますので、「拡張機能を追加」をクリックします。

以上でインストールは終了です。

使用方法

ディフォルトの保存形式を変更

Fiershotはディフォルトの保存形式がPNG形式ですが、JPG形式に変えられます。ツールバーに表示された青地に白文字の「S」のアイコンをクリックし、設定をクリックします。ここで「名前を付けて保存画像」をPNGからJPGに変更し、下にある「保存して閉じる」をクリックしましょう。

Webページをスクロールして全体撮影

ツールバーに表示された青地に白文字の「S」のアイコンをクリックします。こちらで、どの部分をキャプチャするか選択します。Webページ全体をスクロールして撮影する場合は「ページ全体をキャプチャ」を選んでください。

スクリーンショットを撮ると下図のような画面に遷移しますので、画像として保存、PDFとして保存など、お好みの形式で保存してください。

さて、Yahoo!Japanをスクロールして撮影した場合、Fireshotはスクロールをした画面の継ぎ目がわかりませんが、右側の項目に足りない部分ができてしまいました。

Awesomeの場合は画面の重なり部分がぼやけてわかってしまうのでちょっと使いづらいですね。

FireshotとAwesomeを比べると、スクリーンショットを撮った後に、Awesomeは簡単な編集機能を行えますが、Fireshotは無料版だと編集機能は使えません。私はスクリーンショットの編集はScreenpressoなどでやると決めているので、編集機能はいりません。今のところ、きれいに撮れるFireshotを使っています。

以上になります。