デスクトップ操作のGIFアニメーションを作ろう

2017年6月21日

JuralMin / Pixabay

GIFによるアニメーション動画は簡単に作成できます。また、MP4やAVI動画と違い、いちいち動画サイトにアップロードする必要性もなく、普通の画像と同様に取り扱うことができるため、ブログを書いている人にとってはとても便利に扱うことができます。
以前はGifCamで動画を撮ってGiamで編集という手順でやっていましたが、より便利なScreen to Gif というソフトを見つけましたので、そちらの紹介をしたいと思います。

「ScreenToGif」は、録画内容をGIF アニメや動画として出力できるデスクトップレコーダーです。
キャプチャ枠で囲んだ領域内の動作風景を、

  • ブラウザ上でも再生できるGIF アニメ
  • MP4 / AVI / WMV / WebM

として録画することができる、録画した内容を保存前に編集できるところが最大の特徴です。
 注1:MP4 / WMV / WebM で出力する場合は別途「FFmpeg(https://ffmpeg.zeranoe.com/builds/)」が必要です。
 注2:このソフトを使用するには、「.Net Framework 4.6.1」をインストールしている必要があります。

インストール

まずダウンロードサイトへ行き、下図のDownloadをクリックしてください。 → Screen to Gif

最新版をダウンロードできるページに移動しますので、そこから下にあるScreenToGif.(バージョン).zipをクリックしてダウンロードしてください。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、解凍してできたフォルダを適当なフォルダに移動してください。
以上でインストールは終了です。

動画録画

解凍したフォルダにあるScreenToGif.exeをクリックすると下図の様な画面になります。
レコーダーをクリックして録画準備画面へ移動します。

録画準備画面は下図の用になっていますので、枠を広げたり移動したりして録画範囲を決めます。
右下の記録・停止ボタンで動画を記録します。

下の様な動画が簡単に撮れます。

録画が終わり、停止ボタンを押すと下図のようなエディタに画面が変わります。こちらでいらないコマを切り取ったり(Cut)、必要なコマをコピーしたり、ペーストしたりできるようになります。

一通り編集が終わったらセーブします。「ファイル」タブに移動し、「Save as」をクリックします。次に、保存したいファイル名を書き、保存するフォルダを選択したら「Save」ボタンを押せば完了です。

動画編集

以前に撮った動画を編集したい場合には、ソフトを起動したら現れる下図でエディタを選択します。

上部メニューにある「メディアまたはプロジェクト」をクリックして動画を選択するか、動画をドラッグアンドドロップします。

動画に文字のキャプションを入れたい場合には、まず「画像」タブに移動します。次にキャプションを入れたいフレームをShiftキーを押しながら複数選択します。

次にキャプションボタンを押すと右側にメニューが表示されるので、入れたい文章やフォントを選択してください。

キャプションを入れる流れは下のGifアニメになります。