Bing Webmaster Toolsへブログ・サイトを登録する

2017年6月12日

geralt / Pixabay

マイクロソフトが提供しているBingで検索をしたことがあるでしょうか。Googleと比べると使われている割合が低いですが、これを取りこぼさないようにBingにもサイトマップを送り、WordPressのAll in One SEO Packに登録し、インデックスされて、ユーザーに検索されやすいようにしましょう。

やることは2つです。

  1. マイクロソフトアカウントを作成する
  2. Bing webマスターにサイトやブログを登録し、All in One SEO に登録する

手順を踏めば簡単ですので、ぜひやっておきましょう。

まず、Bing Webmaster Toolにアクセスします。こちら→Bing Webmaster Tool
サインインをクリックします。

スポンサーリンク

マイクロソフトアカウントを作成する

Microsoftアカウントがない場合は作成する必要がありますので、「作成」をクリックしてください。

姓名、ユーザー名、パスワード、生年月日、性別は必須項目なので入力してください。入力が終わったら、「アカウントの作成」をクリックしてください。

メールの確認画面が出てきますので、登録したメールアドレスのメールボックスを開きましょう。

下記の様なメールが届きますので、下図の赤枠の部分をクリックしてください。

アカウントの確認が完了すると下図の様なウェブページに進みます。「OK」をクリックしてください。

クリックするとBing webマスターのトップ画面に移動します。
Bing webマスターのトップ画面(下図)の赤枠に自分のサイトURLを入力した後、「追加」をクリックします。

以上でBing web マスターツールが使えるようになりました。

Bing webマスターに自分のサイトやブログを登録する

下図の「サイトマップの追加」の欄に「http://<あなたのサイトドメイン>/sitemap.xml」を記入してください。
また、下の「*」が付いた「姓名」、「国または地域」「会社名または組織名」「会社または組織の規模」は必須項目なので記入しておきましょう。記入が終わったら「保存」をクリックしてください。(私は、会社名または組織名を個人に、会社または組織の規模を1人に設定しました)

次に、下図のページの赤枠で囲った中のcontents”●●●”の●●●の部分をコピーします。

ここで、WordPressのAll in One SEOの「一般設定」にある「Bing webマスターセンター」に上記●●●の部分をペーストします。ペーストが完了したら一番下の「設定を更新」をクリックします。

Bing web マスターへ戻り、「確認」をクリックします。

下図の様な画面が出てくれば、設定は成功です。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク