Gmailの2段階認証を使ってセキュリティを強化してみた

2017年3月24日

Gmailをプライベートのアドレスとして使っているのだが、ちょっとセキュリティに目覚めて2段階認証なるものを導入してみた。

 

普段使っているパスワードも覚えられない桁にしてあるので、平文を覗かれないかぎりは大丈夫だと思うんですが、私が家で使っているOCNの方からも、このgoogleの2段階認証のようなもの(ワンタイムパスワード)を発行しているという事がわかって、気になってしまったんです。

 

手順はググれば色々と出てくるからそちらを参照して頂ければ良いんですけど、結構迷ってしまったりしたので健忘録として書いておきます。

 

  1. まずは、ChromeでGoogleにログイン
  2. ブラウザの右上にある自分のアカウントのアイコンをクリックし、アカウントボタンを押してアカウント情報へアクセス
  3. 画面左にあるログインとセキュリティをクリックし、遷移した画面の右中頃にある「2段階認証プロセス」をクリック
  4. そこから再度ログインパスワードを求められるので入力して次へ
  5. 電話番号を入力すると、SMSか音声メッセージのどちらで認証するか聞かれるので、私は音声メッセージを選択
  6. 電話がかかって来て認証パスワードを言われるので、それを入力

 

以上です。

 

ただ、これをやると面倒なことが2つあります。例えば、Firefoxを使ってGoogleにログインすると、また認証が求められます。

これ結構面倒ですよ。まあ、1回認証したら次からは普通に使えて問題ないんですけど、初めはまた2段階認証のパスワードを求められたので慌てて電話を手にとって連絡を待ちました。

 

また、Becky2を始め複数のメールソフトを使っていますが、メーラーはこれを含めて、「アプリパスワード」なるものを作れば、2段階認証後の対応が出来ます。

 

これは、上記3の「2段階認証プロセス」と書いてある次の行に、「アプリパスワード」と書いてあるのでクリックします。

 

そこで、端末の選択を「Windowsパソコン」、アプリを選択で「メール」を選び、生成ボタンを押すとパスワードが現れる。そのパスワードをBecky2を含めたメーラーの、サーバーへの接続パスワードとして入れれば大丈夫になります。

 

わからんかった。あぷりぱすわーどってなに??の状態から

30分ぐらいググりまくりました。

 

やばい、思いつきで2段階認証なんてやるんじゃなかった、メール取れないかもっ!!!なんて初めは焦りました。

 

でも、30分程度で解決したから良しとしよう。

 

皆さんも2段階認証は手順をお気をつけ下さい。

まぁ、セキュリティが強化されたから良いけどね。

 

ただ、違うPCでGoogleにログインしようとしたら、案の定認証を求められた。

うーん。一度だけだけど、手間がかかる。