エバーノートの使用感は、予想通りよかった。

2017年4月6日

現在タスク管理を主にエバーノートでやっています。

 インストール直後にはわかりませんでしたが、暫く使ってTodo管理ができるとわかってからが速かったです。動画やらExcelなどの添付を一切やめて、テキストのみで扱っていると、用量少なめで問題なく行けます。逆に添付してしまうと動作が重くなってしまうので使いづらかったりします。それほど非力なPCを使っているわけではないのですが、動作がキビキビしているって作業しているときには重要な要素になりますからね。添付ファイルは添付しないで、ファイル名だけを記述しておきます。

 また、課金はしたくないので(買い切りじゃないから面倒)、無料でどこまでできるか、一ヶ月間本当に持つかやっている最中です。一ヶ月の通信量が、あと12日で70%も残っている。つまり、テキストで保存すると決めると、通信量に非常な余裕をもたらす事ができるということですね。

 Todoを管理するだけじゃなく、色々なメモを取ることも兼ねているので、分類分けをある程度しっかりしておけば、本当に簡単にメモを見つけられます。また、メモだけでなく、重要だと思ったメールやメルマガの内容をコピーしたテキストをフォルダ管理とかしていたので、それらも全てエバーノートに整理しました。いや、本当にPC内がスッキリしています。これまではテキストを開いて一々確認していたり、デスクトップ上に貼る付箋ソフトを利用していたりしていたものが、全てエバーノート一つで管理できるようになりました。あと、紙copiというソフトの古いバージョンを持っていたので、そちらのメモもほぼ全て引越ししました。

 

これにより、今まで常にデスクトップにあった付箋メモがなくなりました。細かなアイデアはそれ相当のノートブックを作ってその下に入れておけばいいのです。わからなかったら全文検索を掛けて見つければいい。いやぁ、便利便利。更に、添付ファイル名がわかっているなら、Everythingで検索すればいいし、添付ファイル名を忘れたなら、DesktopHEで文書内のキーワードで検索をかければいい。また、Webページの保存はGoogle ChromeではEvernote Web Clipperという機能拡張を使えば保存できます。

補足ですが、FirefoxではScrapbookという機能拡張があり、これにより独自にWebページ全体をScrapbookに保存できるようになります。保存したページは全文検索をかけられます。

さて、本文に戻しますが、結論としては、エバーノート、Everything、DesktopHE(+FirefoxのScrapbook)はPC内の情報を検索するためには最強の組み合わせだという事ですね。

問題は、現在順調に溜まっているメモ。いつ捨てるかが問題。溜まっていっても検索できるとわかっていると、見ないことも多いんですよね。

 

決め時は・・・まだかなぁ。