バックアップソフトウェア

2017年3月26日

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

 

バックアップはとっていますか?個人のPCだとはいえ、PCは何の前触れもなく、いきなりクラッシュすることもあるので注意が必要ですね。

 

私はバックアップに3つのソフトを使っています。

それは下記の通り

1.FastCopy

2.Bun Backup

3.RealSync

厳密に言うと1はバックアップソフトではないのですが、ちょっとしたファイルをバックアップ用の外付けDISKに移し替える時に使っています。

 

Fastcopy

  最速(?)のコピーソフトとも言われているものです。メモリの消費量を予め決めておけば、ハードの限界まで使ってコピーするみたいです。詳しい原理は知りません。ただ、速いです。個別のフォルダーや大きなファイルはこれを使ってコピーしています。

 ダウンロードはこちらから → Fastcopy

Bunbackup

 1度目のバックアップしたファイル情報を元に、2度目以降のバックアップを高速に行う機能がついています。

 こちらも定番ですね。最初、新たな所にコピーをするのには時間がかかりますが、2度目以降はかなり早くバックアップが終了します。

 また、ただバックアップするのではなく、世代管理も出来るため、同じファイルをバックアップしても、日付でフォルダを分けてバックアップしてくれるので、最新のバックアップだけでなく、前の世代のバックアップファイルも参照できます。

 ダウンロードはこちらから → BunBackup

RealSync

 こちらは~分毎にという一定時間で自動的にファイルの同期を行ったり、登録したファイルをボタン一つで同期させることが出来ます。世代管理は出来ませんが、常にバックアップしている感じが気に入っています。

 ダウンロードはこちらから → RealSync

複数のバックアップソフトを使い分ける理由

 なぜ2と3というバックアップするだけのソフトを複数使っているかというと、バックアップする先が異なるため、分かりやすいようにバックアップソフトを分けているからです。2はバックアップ時にUSBにつなげる外付けHDD用、3は常にネットワーク上で動いているNASのHDDに使っています。

 昔、バックアップを取らないでいたらひどい目にあったので、特にメールのバックアップはとっておかないとビジネスに支障がでます。

 バックアップしているのはドキュメント、ピクチャなどのフォルダだけでなく、設定ファイル等が保管されているAppDataもバックアップしておきます。また、事前に最新のブックママークやパスワード管理ソフトのデータを出力しておき、バックアップするフォルダに入れておきます。慣れれば準備は5分とかかりません。

 

皆さんもPCのクラッシュには気をつけてください。

バックアップしておかないと、大変な事になりますよ。

 

わかっているとは思いますが・・・