GoogleChromeのお勧め拡張機能10選

2017年5月21日

WikimediaImages / Pixabay

 Google Chromeというウェブブラウザは機能拡張というプラグインで多くのことができるようになります。
 今回は私が使っていて良いと思った10個のプラグインをご紹介します。中にはサイトアフィリエイトで役立つものもいくつか含まれています。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Google Chrome お勧めプラグイン10選

Awesome Screenshot

 ページ全体や一部をキャプチャーし、各種の図形や文字で注釈をつけ、ワンクリックでアップロードして共有できます。
PCの画面からはみ出して調整しても取りたい対象の全体像が表示できない場合、ページ全体をキャプチャーして切り取ります。

Checker Plus for Gmail™

 わざわざGoogleのアカウントを変えてログインしてGmailを開くことなく、通知を受け、読み、読み上げを聞き、削除し、メールすることができます。複数アカウントがあっても、登録すれば一つのアカウントにログインしているだけで、他のアカウントに届いた新着メールを読むことができます。

HTMLエラーチェッカー

 HTMLの開始・終了タグの過不足などを検出する拡張機能です。エラーがある場合、数値が表示されます。
WORDPRESSでサイトアフィリエイトを行う時、どうしてもHTMLを書き換えたい時があります。ただ、文法的なエラーをうっかりしてしまったり、入れ子になったタグでよく分からなくなったりします。そんな時便利なのがこのプラグインです。
 問題がなければ下図の様に「タグはおそらく完璧です」と出ます。

 問題があれば下図の様にエラーメッセージとエラーが有る行数が出ます。

mobile browser emulator

 レスポンシブなWebページになっているかどうかチェックするためのプラグインです。サイトアフィリエイトを行う場合、Webページではきれいに見られるのにスマホだと形が崩れるなどの問題が発生する場合があります。便利なWebブラウザーであるBliskを使うという手がありますが、1日30分しか無料利用時間が無いので、私はこちらを使っています。

Speed Dial 2

Speed Dial 2 は「新しいタブ」に多種多様な機能を追加し、頻繁に訪れるウェブサイト、登録済みのブックマーク、閲覧履歴への素早く簡単なアクセスを提供します。

Tag Assistant (by Google)

 アクセス解析ツールであるGoogle AnalyticsやGoogle Tagなどを導入している場合、ちゃんとサイトに反映されているか確認するためのプラグインです。

uBlock Plus

 高効率の広告ブロッカーで、CPUとメモリーの負担を抑えてくれます。

Video Blocker

 Youtubeでサムネイル表示をしている時などに、特定のアカウントのサムネイルを表示させないようにするためのプラグインです。うるさく表示されるあの人やこの人をブロックするだけで格段にYoutubeのサムネイルが見やすくなります。

WOT: Web of Trust, Website Reputation Ratings

 WOTは、世界中の数百万人ものユーザーの体験に基づいて信頼できるWebサイトを示します。Googleで検索したは良いが、危険なサイトかどうかわからない場合、こちらのプラグインを導入しておけば安心です。下図は、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ある言葉をGoogle検索した結果です。右側に緑のや黄色のがあるのがわかります。緑が問題なし、黄色が注意、赤が危険、はてなマーク付きはわからないという様になっています。

はてなブックマーク

 はてなブックマークを Google Chrome でより便利に使える、はてなオフィシャルの拡張です。

 

スポンサーリンク